m3.com トップ > 臨床ニュース > 「ABC分類、検証はこれから」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「ABC分類、検証はこれから」 胃がんリスク評価に関する研究会が中間報告

日本消化器がん検診学会は5月29日、「胃がんリスク評価に関する研究会」(代表世話人:吉原正治氏)が提出した中間報告書を学会ホームページで公開した。同研究会は学会が設置したもので、胃癌リスク評価法の科学的検証と、検診へ応用する際の課題と解決策を提言することを目的としている。中間報告では、まず議論の前提となる「胃癌リスク評価」の考え方をまとめた上で、検討すべき課題をリストアップした。検討すべき課題の一つは、ABC分類の有効性に関する検証を行うこと。例えば、胃癌症例の7-16%が、血清ピロリ菌抗体が陰...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞