m3.com トップ > 臨床ニュース > アトピーの痒み、遺伝要因解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アトピーの痒み、遺伝要因解明 新たに4つの疾患関連ゲノム領域を発見

2013年6月13日 理化学研究所  カテゴリ: アレルギー疾患皮膚疾患その他

理化学研究所は6月11日、新たにアトピー性皮膚炎の発症に関連する4つのゲノム領域を発見したと報告した。このうち3領域では日本人集団での関連性も確認している。中には痒みに関連するNGFR遺伝子が含まれていた。理研統合生命医科学研究センターの久保充明副センター長ら国際共同研究グループによる成果。過去に行われた国際研究では、大規模ゲノムワイド関連解析(GWAS)で15カ所のゲノム領域を同定していた。今回はGWASではなく、より頻度が低い一塩基多型(SNP)も含めて解析可能な「イムノチップ解析」を採用し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞