m3.com トップ > 臨床ニュース > 不眠症の新指針、休薬見据える

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

不眠症の新指針、休薬見据える 治療アルゴリズムと40のCQまとめる

日本精神・神経医療研究センターは、「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン―出口を見据えた不眠医療マニュアル―」を6月13日付けで策定したと発表した。不眠症の薬物療法を安全かつ効果的に行うため、睡眠衛生指導や認知行動療法なども活用し、減薬や休薬を見据えた治療のあり方を示した指針。2012年度厚生労働科学研究・障害者対策総合研究事業「睡眠薬の適正使用及び減量・中止のための診療ガイドラインに関する研究班」と「日本睡眠学会・睡眠薬使用ガイドライン作成ワーキンググループ」が共同で作成した。指針...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞