m3.com トップ > 臨床ニュース > 医会、HPV接種の現場対応示す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

医会、HPV接種の現場対応示す 接種迷う人へのアドバイスや資料などまとめる

2013年6月24日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患

日本産婦人科医会のがん対策委員会は6月24日、「子宮頸癌予防ワクチンを積極的に勧奨すべきではない」とする厚生労働省の通知を受け、臨床現場での対応をまとめた文書をホームページに掲載した。接種を悩む人に対してのアドバイスや説明に役立つ資料の入手法などを示している。医会の文書によると、1-2回の接種は終えているものの今後の接種を迷う人には、「接種間隔が延びても、多くの場合は3回接種で十分な効果が期待できる」と説明可能という。また、接種を控える人には、国の積極的勧奨が再開してから改めて接種の是非を検討す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞