m3.com トップ > 臨床ニュース > 血液1滴でクローン誕生

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血液1滴でクローン誕生 体細胞核移植クローンに新技術

2013年6月27日 理化学研究所  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

理化学研究所は6月26日、わずか1滴の血液から分離した非リンパ球の白血球を用いて、体細胞クローンマウスを作ることに成功したと発表した。迅速かつ資源を無駄にしない新しい「体細胞核移植クローン技術」を生み出したことになる。理研バイオリソースセンター遺伝工学基盤技術室の小倉淳郎氏らの成果。体細胞核移植クローン技術は、同じ遺伝情報を持ったコピーを生産する方法。創薬や絶滅危惧種の保存などに利用されている。従来法ではドナー細胞を得るために個体を犠牲にしたり、細胞培養に2週間かかったりしていた。研究グループは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞