m3.com トップ > 臨床ニュース > 乳房専用PETの指針を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乳房専用PETの指針を発表 より正確な病期や再発診断が可能に

2013年7月2日 日本核医学会  カテゴリ: 産婦人科疾患検査に関わる問題

日本核医学会は7月1日、「乳房専用PET診療ガイドライン」を発表、ホームページで公開した。乳房専用PET装置は、乳房に近接して撮像できるよう形を工夫した装置で、2012年8月に1機種が承認を受けている。学会は、安全かつ適正に検査が行われることを支援する目的で指針を作成した。指針によると、乳房専用PETは、マンモグラフィや造影MRIと同程度の感度、特異度を持つとされる。乳房のみに時間をかけて撮像することで、乳腺へのFDG分布を詳細な画像で得ることができる。全身PETの結果を組み合わせて、乳癌のより...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞