m3.com トップ > 臨床ニュース > 若い外科医で年収低下の傾向

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

若い外科医で年収低下の傾向 労働条件厳しく、外科医支援の病院増えるも実感なし

2013年7月11日 日本外科学会  カテゴリ: 一般外科疾患救急その他

日本外科学会は、外科医の労働環境に関する2つのアンケート結果をホームページで公開した。2012年10-12月に日本救急医学会や日本小児外科学会など関連12学会の協力を得て実施した調査で、学会員8316人と指定・関連施設の病院長や事務連絡指導責任者997人から回答を得た。結果、特に20-30歳代が最も長時間の勤務を行っている半面、平均年収は低下傾向にあることが分かった。回答者の6割強が労働時間の短縮を望み、医療事務やメディカルスタッフの充実を求めている。改善実施の病院が増加日本外科学会は、過去に2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞