m3.com トップ > 臨床ニュース > 「特定看護師は必須」外科学会

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「特定看護師は必須」外科学会 外科医の労働環境を目指して

2013年7月11日 日本外科学会  カテゴリ: 一般外科疾患救急その他

日本外科学会の國土典宏理事長と外科医労働環境改善委員会の富永隆治委員長は、「外科医の労働環境を改善するためには、医師と看護師の中間職種の創設が必須」と訴える要望書を厚生労働大臣と医政局長宛てに提出した(6月27日付け)。「古い制度に拘泥せず、時代に即した改革を早急に実現」するよう求めている。国は過去2回の診療報酬改定で手術手技料を増額し、外科医の労働環境改善を支援してきた。このたび学会が実施した調査で、平均週78.5時間の長時間労働、当直明け手術の日常化など、労働環境の改善には至っていない実情を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞