m3.com トップ > 臨床ニュース > 消化器外科学会、25%英語へ 【時流◆消化器癌】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

消化器外科学会、25%英語へ 【時流◆消化器癌】 森正樹理事長は「5年後に25%。早いうちに50%にしたい」と説明

2013年7月18日 時流  カテゴリ: 消化器疾患その他

「時流」、7月下旬のテーマの一つは消化器癌。消化器外科学会が国際化に向けて、総会講演の英語化を進める。5年後は25%の演題を英語で。さらに50%を目指す方針だ。第68回日本消化器外科学会総会の理事長講演で7月18日、森正樹理事長は学会の国際化を今後の筆頭課題として挙げて説明した。その中で、総会の演題の25%を英語で実施すると理事会で決定したと報告。さらに英語で発表する演題を50%まで増やしたいと述べた。第68回は、日本消化器外科学会にとっては節目の学会。初めてアジアの関連学会、および米国外科腫瘍...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

消化器疾患

その他

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞