m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃癌指針、「日本はオススメ型」 【時流◆消化器癌】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃癌指針、「日本はオススメ型」 【時流◆消化器癌】 推奨は「Made in Japan」、エビデンスにこだわらず

2013年7月25日 時流  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

「時流」、7月下旬のテーマの一つは消化器癌。第68回日本消化器外科学会で報告された指針の現状と課題。胃癌指針改訂の方向は「日本はオススメ型」だ。2010年の胃癌治療ガイドライン第3版の発表から3年。現在、第4版の作成作業が進んでいる。第68回日本消化器外科学会総会の7月17日の特別企画1「消化器がん診療ガイドライン」では、がん研有明病院消化器外科の佐野武氏が胃癌治療ガイドラインの現状と改訂の方向性を解説。日本のガイドラインの作り方としては、必ずしもエビデンスにしばられない意味から、「日本はオスス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞