m3.com トップ > 臨床ニュース > 食道癌には「特異的問題点あり」 【時流◆消化器癌】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

食道癌には「特異的問題点あり」 【時流◆消化器癌】 高齢者に多く、諸臓器の機能障害合併、侵襲も大きい

2013年7月30日 時流  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題

「時流」、7月下旬のテーマの一つは消化器癌。第68回日本消化器外科学会で食道癌指針の問題も俎上に。根拠が少なく、治療が限られる中で、改善余地は大きい。第68回日本消化器外科学会総会の7月17日の特別企画1「消化器がん診療ガイドライン」では、群馬大学病態総合外科の桑野博行氏が食道癌診断・治療ガイドラインをめぐる課題を説明した。食道癌の診療には他の消化器癌以上にエビデンスが乏しく、しかも治療手段が限られていると紹介。これからは分子標的薬や内視鏡治療、重粒子線治療などの新しい治療手段、診断手段が登場す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞