m3.com トップ > 臨床ニュース > 人工肺、血液異常凝集に注意

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

人工肺、血液異常凝集に注意 静脈リザーバーと充填液pHに注意し、ACT測定を

2013年7月30日 日本人工臓器学会  カテゴリ: 呼吸器疾患一般外科疾患救急

日本人工臓器学会医療安全委員会の塩野元美委員長は7月18日、膜型人工肺に異常凝集が起こることで、入り口圧が上昇して送血困難となり、人工肺の交換に至る症例が発生していることを受け、学会員に注意を呼び掛けた。また、人工肺入口の送血圧測定は定着してきたものの、一部に測定を実施していない施設があると指摘。モニター設置を再確認するよう求めている。参考資料として、日本体外循環技術医学会が作成した文書も掲載している。資料によると、注意すべき項目の一つは「静脈リザーバー」。へパリン投与下でも、サクションによる吸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞