m3.com トップ > 臨床ニュース > 自己免疫性膵炎の指針案を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

自己免疫性膵炎の指針案を発表 診断基準改訂や論文増に対応、パブコメ募集

2013年8月13日 日本膵臓学会  カテゴリ: 消化器疾患アレルギー疾患その他

日本膵臓学会自己免疫性膵炎委員会(岡崎和一委員長)は、8月31日まで「自己免疫性膵炎の臨床診療ガイドライン2013」案に対するパブリックコメントを募集している。厚生労働省難治性膵疾患調査研究班と合同で作成し、4年ぶりの改訂となる。「自己免疫性膵炎」は日本が提唱した新しい疾患概念で、2009年に最初の指針を発表した。2011年には新しい国際コンセンサス診断基準が提唱され、これに沿って日本の診断基準も改訂。指針発表後には関連論文も増加しているため、改訂作業を開始した。指針は38のクリニカルクエスチョ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞