m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児の気道異物、学会が解説

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児の気道異物、学会が解説 窒息事故予防と応急処置を一般向けに

2013年8月22日 日本小児呼吸器学会  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患救急

日本小児呼吸器学会は8月15日、日本小児救急医学会と合同で作成した「気道異物事故対応パンフレット」をホームページに掲載した。「窒息事故について」「窒息の応急処置」の2種類で、一般向けに易しく解説している。パンフレットによると、毎年約50人が異物による窒息で死亡している。3歳までは豆類や飴玉などの食物が、4歳以降は歯の詰め物や小さい玩具といった食品以外のものが原因となる。事故を予防する方法として、3歳未満にビーナッツを与えない、トイレットペーパーの芯を通過する大きさのものを小児の身の回りに置かない...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞