m3.com トップ > 臨床ニュース > 肺癌CT検診、学会が注意点

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肺癌CT検診、学会が注意点 検診者に利益と不利益を説明すべし

2013年8月27日 日本CT検診学会  カテゴリ: 呼吸器疾患検査に関わる問題

日本CT検診学会ガイドライン委員会は8月26日、「日本における低線量CTによる肺がん検診の考え方」の提言を発表した。米国で行われたNationalLungScreeningTrial(NLST)で、CT検診により癌死亡率の減少が確認されたことを踏まえ、日本の検診に適用する際の注意点などをまとめている。現在、肺癌の対策型検診は単純X線検診と喀痰細胞診で行っており、低線量CTは任意型検診として人間ドッグなどで施行されている。CT検診はX線と比べ、肺癌発見率は約10倍で、早期癌やすりガラス陰影を呈する...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞