m3.com トップ > 臨床ニュース > 「外科なき初期研修は意味なし」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「外科なき初期研修は意味なし」 学会が初期臨床研修での外科研修の必修化を要望

2013年8月30日 日本外科学会  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

日本外科学会の國土典宏理事長と初期臨床研修制度検討ワーキンググループの坂井義治委員長は、初期臨床研修における外科研修の必修化を望む要望書を8月22日付けで厚生労働省に提出した。厚労省医道審議会医師分科会医師臨床研修部会の桐野高明委員長と厚労省医師臨床研修推進室の田村真一室長に宛てたもの。要望書では、「外科研修なくして初期研修の基本理念は達成できない」と外科研修必修化を強く主張している。その理由として、初期研修でプライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付けるには、小外傷、局所感染症や急性腹症、術後...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞