m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児核検査指針、第2部公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児核検査指針、第2部公開 少ない投与量で撮像する技術をまとめる

日本核医学会小児核医学検査適正施行検討委員会は9月2日、「小児核医学検査適正施行のコンセンサスガイドライン」の第2部「小児核医学検査の撮像技術」を発表した。本指針は3部構成で、第1部「小児核医学検査の適正投与量」を3月に公開している。第1部で示した小児の放射性医薬品の適正投与量は、日本の従来の投与量より少なめに設定している。そのため、第2部では少ない投与量で適切な撮像を実現するために留意すべき事項をまとめた。理論的には放射性医薬品の投与量が少なくても、時間をかければ情報は得られる。検査中の児の安...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞