m3.com トップ > 臨床ニュース > 「隠れた重症」を見分けるコツ【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「隠れた重症」を見分けるコツ【実名臨床道場】 軽微な変化でも、バイタルサインの異常を甘くみるな

2013年9月25日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患救急

一見すると軽症でも、実は重症疾患が隠れていることがある。この「隠れた重症」をいかに見分けるか。救急の最前線で日々奮闘するER医、藤田保健衛生大学救急総合内科准教授の岩田充永氏が登場。救急現場だけでなく、一般外来でも簡単に活用できる「隠れた重症」を見逃さないコツを聞いた。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)岩田充永(いわた・みつなが)氏藤田保健衛生大学救急総合内科准教授1998年名古屋市立大学卒業。名古屋市立大学病院麻酔科、名古屋大学病院老年科での研修を経て1999年協立総合病院にて内...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞