m3.com トップ > 臨床ニュース > 卵子の凍結保存、指針案を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

卵子の凍結保存、指針案を公開 9月30日まで広く意見を募集

2013年9月19日 日本生殖医学会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本生殖医学会の吉村泰典理事長と倫理委員会の石原理委員長は9月13日、ホームページに「未受精卵子および卵巣組織の凍結・保存ガイドライン(案)」を公開し、パブリックコメントの募集を開始した。指針は「医学的適応ガイドライン」と「社会的適応ガイドライン」の2種類に分かれている。作成に携わった倫理委員会は区別した理由を「医学的介入による性腺機能の低下を懸念する場合が本来の適応であり、加齢などを理由とした凍結保存より丁寧で十分な説明と配慮が必要と判断したから」と説明している。医学的な適応としては、悪性腫瘍...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞