m3.com トップ > 臨床ニュース > 「産科補償制度、減額するな」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「産科補償制度、減額するな」 余剰金の使途を巡り、産科医療9団体が要望書を提出

日本医師会、日本産婦人科医会、日本小児科学会など産婦人科医療に関連する9団体は共同で「産科医療補償制度の対象拡大に関する要望」を厚生労働大臣に提出した(9月17日付け)。脳性麻痺児に対する産科医療補償制度の掛金3万円の維持と、出産育児一時金の減額などを行わないよう求めている。背景には、補償対象者が当初の予測より大幅に下回っており、年に120億円程度の余剰金が生じると推計されていることがある。そのため、保険組合側が社会保障審議会で「余剰金の返金と掛金3万円の減額」を強く主張していた。今回、9団体は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞