m3.com トップ > 臨床ニュース > 双極性障害「心理教育のススメ」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

双極性障害「心理教育のススメ」 長期に再発予防が可能「日本独自のプログラム開発を」

医療情報サービス(Minds)は9月18日、双極性障害への「心理教育」の効果を解説する文章を公開した。名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野の尾崎紀夫氏が寄稿したもの。心理教育のエビデンスを紹介し、長期的な再発予防効果が見込めると解説している。日本うつ病学会が作成した双極性障害の治療指針では、心理教育の効果は認めているものの、踏み込んだ解説がなかった。尾崎氏は、心理教育は心理社会的治療の一つであり、障害に関する誤った認識を修正することで、必要な治療を受けるようになるというメ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞