m3.com トップ > 臨床ニュース > 補聴器購入助成、7割が実施

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

補聴器購入助成、7割が実施 FM補聴器購入や修理費の助成はまだ手薄

日本耳鼻咽喉科学会の社会医療部福祉医療・乳幼児委員会は7月5日、「全国軽度・中等度難聴児補聴器助成事業実態調査」の3月末までの結果を学会ホームページで公開した。身体障害者手帳の交付対象にはならない軽度、中等度の難聴を持つ児に対し、自治体で行う補聴器購入費用助成事業の現状を調べたもの。全国48都道府県を対象に調べたところ、約3.5割が「県単位で」さらに3割は「市町村単位のみで」「補聴器購入費用助成事業を行っている」と回答。県内のどこも「全く行っていない」と答えたのは9県にとどまった。県の事業として...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞