m3.com トップ > 臨床ニュース > 自殺題材のコンテストに抗議 【米国精神医学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

自殺題材のコンテストに抗議 【米国精神医学会】 センセーショナルなイラストは集団的感化の原因に

2013年9月25日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患その他

米国精神医学会(APA)は、9月12日、全米自殺防止財団(AFSP)および全米精神障害者家族会連合会(NAMI)と共同で、コミックバットマンに登場する悪役、ハーレイ・クインが自殺を試みる場面を課題としたDCComicsのイラストコンテストに抗議文を発表した。抗議文によると、「米国では過去10年間の自殺者は30万人以上であり、それによって家族、友人、同僚や地域社会が大きな代償を払っている。自殺は健康に関する深刻な問題であり、軽々しく扱うべきではない」とのこと。また、自殺者の90%が、うつ病、双極性...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞