m3.com トップ > 臨床ニュース > 「産科補償制度、対象広げよ」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「産科補償制度、対象広げよ」 在胎28-32週での厳しい基準の緩和を求める

日本周産期・新生児医学会の田村正徳理事長は10月2日、産科医療保障制度の対象となる出生児の範囲を広げるよう求める学会声明を発表した。9月17日には当学会を含む産婦人科関連9団体が掛金3万円の維持などを求めた要望書を厚生労働省に提出したばかり。今回の声明では、学会としてさらに踏み込んだ要望を示したことになる。学会は制度を運用して明らかとなった問題点として、在胎28-32週の児の認定に際しては厳しい基準があり、同じ脳性麻痺でありながら補償を受けられないケースがあることを挙げ、補償対象の拡大を求めてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞