m3.com トップ > 臨床ニュース > ロコモ対策で脱介護大国なるか【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ロコモ対策で脱介護大国なるか【実名臨床道場】 超高齢化で手術だけでは終わらない時代に

2013年10月23日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患整形外科疾患

高齢者数が3,500万人に達すると推定されている2025年。要介護者の急増が危惧されている。打開策として注目されるロコモティブシンドローム対策の第一人者、「日本整形外科学会ロコモチャレンジ!推進協議会」の副委員長の大江隆史氏(名戸ヶ谷病院長)が登場。ロコモについて答える。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)m3.comJ-Doctors「実名臨床道場」に大江隆史氏が登場し、会員からの質問にお答えいただきました。こちらで読めます。⇒臨床道場へ大江隆史(おおえ・たかし)氏名戸ヶ谷病院病院...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞