m3.com トップ > 臨床ニュース > バレット食道に焼灼療法有効 【米国消化器学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

バレット食道に焼灼療法有効 【米国消化器学会】 異形成の寛解率は91%、腸上皮化生は78%

2013年10月15日 米国学会短信  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題

米国消化器学会(AGA)は10月2日、ラジオ波焼灼療法(RFA)による異形成バレット食道の寛解率は91%であることを示した研究結果を紹介した。同学会発行のClinicalGastroenterologyandHepatologyに掲載。異形成バレット食道は、食道に前癌細胞が検出される深刻度の最も高い病態。研究者らはPubMedとEMBASEに発表された試験から系統的レビューとメタ解析を行い、腸上皮化生(食道に腸様の細胞が発生する最初の段階)を有するバレット食道患者の傾向や異形成バレット食道につい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞