m3.com トップ > 臨床ニュース > 膵石の内視鏡治療に新指針案

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

膵石の内視鏡治療に新指針案 内視鏡とESWLを中心に治療チャートを示す

日本膵臓学会は10月21日、厚生労働省難治性膵疾患調査研究班と共同で作成した「膵石症の内視鏡治療ガイドライン2014」の案を公開し、パブリックコメントを求めている。学会は2010年に「膵石症に対する治療ガイドライン」を出したが、当時の論文はエビデンスレベルが高くなく、専門家のコンセンサスが中心だった。今回は専門家の意見をより客観的に反映できるデルファイ法を採用。内視鏡治療と体外式衝撃波結石破砕療法(ESWL)を中心としたフローチャートを示し、疾患概念と病態、診断、治療に分けてクリニカルクエスチョ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞