m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症喘息が抗精神病薬で改善

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症喘息が抗精神病薬で改善 ステロイド抵抗性を消失させる仕組みをマウスで解明

理化学研究所は10月25日、重症喘息マウスに抗精神病薬ピモジド(商品名オーラップ)を投与することで、ステロイド抵抗性を消失させることができたと報告した。理研統合生命医科学研究センターの子安重夫氏らと、慶應義塾大学や東海大学との共同研究での成果。喘息患者の5-10%はステロイド抵抗性を獲得し、重症喘息となる。気道で作られるIL-33や、その刺激で活性化するナチュラルヘルパー(NH)細胞が重症化に関連していると推定されていた。今回、研究グループはステロイド抵抗性とNH細胞に着目し、マウスを用いて実験...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞