m3.com トップ > 臨床ニュース > 治療に難渋する高血圧の極意【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

治療に難渋する高血圧の極意【実名臨床道場】 思わぬところに解決の糸口あり

2013年11月13日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患腎・泌尿器疾患

全国で4,300万人と推定される高血圧患者。専門医でなくても、降圧治療は避けては通れない。専門医であれば、ガイドラインを全て読み込むこともできるが、実地医家の先生達にとってそれは難しい。『降圧治療の考え方、使い方』(中外医学社)の著者、札幌西円山病院副院長の浦信行氏に、日常診療に役立つ降圧治療のエッセンスを聞いた。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)浦信行(うら・のぶゆき)氏札幌西円山病院副院長1978年札幌医科大学卒業。1984年から米国デトロイト市ヘンリーフォード病院高血圧研究所...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞