m3.com トップ > 臨床ニュース > 「病気で事故に罰則」法案可決

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「病気で事故に罰則」法案可決 日本精神神経学会はじめ8学会が共同で反対声明

11月5日、衆議院本会議で「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」が可決。日本精神神経学会をはじめ、8学会が修正を求める共同声明を発表した。今回の新たな法律では、危険運転致死傷罪の対象として統合失調症やてんかんなど一定の病気を対象とする。疾患を持つ患者が事故を起こした場合、その事故を起こした患者に罰則を定める内容。日本精神神経学会や日本てんかん学会などが従来反対を主張しており、注目されていた。日本精神神経学会によると、精神疾患を持つ患者が他要因を背景とした事故よりも高い根拠が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞