m3.com トップ > 臨床ニュース > 核医学治療拡大で管理指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

核医学治療拡大で管理指針 放射性核種の内用治療でまず管理基準を示す

2013年11月8日 日本核医学会  カテゴリ: 一般外科疾患検査に関わる問題

日本核医学会は11月1日、新規の核種を使った核医学治療が広がっていることを受けて、放射性物質の管理状況を評価するための指針を発表した。従来、放射線障害の防止に関する予防措置として、厚生労働省令で管理指針を定めていたが、新しい動きにも対応できるよう、学会が基礎的な資料や安全管理のための指針を設ける必要が生じていた。省令に基づいて提出する放射線の管理状況を報告する書面をまとめるためのひな形となる。学会によると、当初は、放射性ストロンチウム、放射性イットリウム、放射性ヨウ素、放射性ラジウムを用いた内用...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞