m3.com トップ > 臨床ニュース > 平手裕市の「心電図判読の極意」【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

平手裕市の「心電図判読の極意」【実名臨床道場】 心電図の判読は、正解を見つけだすことにあらず

2013年11月20日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患

全国で5万人が受講した、心電図セミナーの人気講師。名古屋掖済会病院心臓血管外科部長の平手裕市氏が、実名臨床道場に登場。『心臓のスペシャリスト』が心電図判読の極意を語る。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)平手裕市(ひらて・ゆういち)氏名古屋掖済会病院心臓血管外科部長/中部大学生命健康科学部特任教授(兼任)1983年名古屋大学医学部卒業。同大学医学部胸部外科医員を経て、1993年より現職。第一線で手術に尽力する一方で、名古屋大学医学部臨床講師、中部大学生命健康科学部特任教授としても従事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞