m3.com トップ > 臨床ニュース > 第2言語が認知症を防ぐ 【米国神経学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

第2言語が認知症を防ぐ 【米国神経学会】 2言語話者は非識字でも認知症発症が遅い

米国神経学会(AAN)は、第2言語を話すと認知症の発症が遅れることを示した研究を紹介した。11月6日配信のNeurology誌オンライン版に掲載。インドで行われたこの研究は、認知症の診断を受けた被験者648人(平均年齢66歳)を調査。被験者のうち391人は2つ以上の言語を話した。アルツハイマー病型認知症は240人、血管性認知症は189人、前頭側頭型認知症は116人、残りの被験者はレビー小体型認知症および混合型認知症だった。非識字率は14%。2言語話者は単言語話者と比べ、アルツハイマー型、前頭側頭...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞