m3.com トップ > 臨床ニュース > 新生児CLDの指針を無料公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新生児CLDの指針を無料公開 冊子体からウェブ公開へ

医療情報サービス(Minds)は11月19日、「科学的根拠に基づいた新生児慢性肺疾患の診療指針(改訂2版)」を無料公開した。2010年3月に冊子体で販売を開始したもので、ウェブ上での公開は初と見られる。田村正徳氏(埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター長)と森臨太郎氏(国立成育医療研究センター研究所成育政策科学研究部長)が編集している。超低出生体重児の救命率は上がるとともに、慢性肺疾患(CLD)の増加が問題視されている。CLDは在宅酸素や人工呼吸を必要とする新生児疾患の首位を占め...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞