m3.com トップ > 臨床ニュース > 川崎病急性期の治療指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

川崎病急性期の治療指針を公開 2012年12月発表の第2版をMindsに掲載

医療情報サービス(Minds)は11月19日、「川崎病急性期治療のガイドライン(平成24年改訂版)」を公開した。日本小児循環器学会が作成し、2012年12月1日付けで発表したもの。学会ホームページに掲載していたが、閲覧にはパスワードが必要。今回のmindsへの公開により誰でもアクセスできるようになった。当指針は2003年に初版を発表しており、公開したのは改訂2版となる。序文によると「いまだに最良の治療薬に関しては定説はない」と状況を説明した上で、特に適用外処方に重点を置き、インフリキシマブやシク...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞