m3.com トップ > 臨床ニュース > HCVが肝線維化を起こす理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HCVが肝線維化を起こす理由 ウイルスタンパクがTGF-βに似た働きで肝線維化を促進

2013年12月3日 理化学研究所  カテゴリ: 消化器疾患感染症

理化学研究所は11月27日、C型肝炎ウイルス(HCV)が肝線維化を進行させる仕組みを解明したと報告した。HCVが持つタンパク質「NS3プロテアーゼ」が、肝細胞の形質転換成長因子(TGF-β)に似た振る舞いをし、肝線維化のスイッチを入れていた。理研ライフサイエンス技術基盤研究センターの小嶋聡一氏ら研究グループの成果。かねて、肝線維化は、肝細胞が産生する形質転換成長因子(TGF-β)が特定のセリンプロテアーゼにより活性化するために起こると知られていた。研究グループはHCVが持つセリンプロテアーゼの「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞