m3.com トップ > 臨床ニュース > 「診療所で遺伝子検査」の衝撃

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「診療所で遺伝子検査」の衝撃 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第一部「強烈な追い風」◆Vol.1

この年末、米国の「23andMe」へのFDAによる警告で注目された遺伝子検査。逆風が吹くかに見えるが、実情は逆。本格的な普及期に突入したと見るべきだ。年末年始連載でその最前線を追っていく。まずは、広島市呉市の診療所に飛ぶ。星良孝(m3.com編集部)「人の寿命」も告げる広島県呉市──。2014年1月、この町の中心部からやや離れた丘の上の住宅地にある、何の変哲もない診療所、日下医院でちょっとした異変が起こる。院長の日下美穂氏は言う。「遺伝子検査の取り扱いを始める。超早期に、残された寿命を知ることが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞