m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃癌撲滅元年、ピロリ除菌の現場【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃癌撲滅元年、ピロリ除菌の現場【実名臨床道場】 スペシャリストが語る胃炎除菌の成功率を高める秘訣

2014年1月8日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患その他

ヘリコバクター・ピロリ除菌療法の対象疾患に「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」が追加されてから、早くも1年を迎えようとしている。「胃癌撲滅元年」とも呼ばれたこの1年。医療現場に変化はあったのか。ピロリ除菌の最先端をゆく浜松医科大学消化器内科病院教授の古田隆久氏が、ピロリ除菌の現状を語る。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)古田隆久(ふるた・たかひさ)氏浜松医科大学病院教授・臨床研究管理センター副センター長1987年に産業医科大学医学部医学科卒業。浜松医科大学大学院医学研究科博士課程修了...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞