m3.com トップ > 臨床ニュース > 米警告「遺伝子検査やめろ」の教訓

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米警告「遺伝子検査やめろ」の教訓 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第一部「強烈な追い風」◆Vol.2

米国FDAによる遺伝子検査最大手23andMeへの検査中止の警告は青天の霹靂に見えた。遺伝子検査の医療領域への侵食や検査の妥当性に、いったん検証を求めたものだ。米国の警告をつぶさに見ていくと、教訓も見えてくる。星良孝(m3.com編集部)11月に青天の霹靂11月22日、米国FDA(米医薬食品局)が公開で発した遺伝子検査の世界最大手の23andMeへの警告は遺伝子検査の世界にとっては青天の霹靂に見えた。23andMeのCEO(最高経営責任者)のアン・ウォジツキ氏に対して「個人向けの遺伝子検査の事業...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞