m3.com トップ > 臨床ニュース > 診療一変させる遺伝子検査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

診療一変させる遺伝子検査 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第一部「強烈な追い風」◆Vol.3

わずか一つの遺伝子検査の出現が診療の形を一変させる可能性を秘めている。大きな転換期にある生殖医療は象徴的。胎児診断や無精子症診断を変えようとする。技術進展で診療にますます欠かせなくなる。大きな需要が強烈な追い風を吹かせる。星良孝(m3.com編集部)生殖医療に「強烈な追い風」遺伝子検査から得られる情報が、医療の根幹を揺さぶる。第一部で注目してきたヒト遺伝学的検査の中で今、象徴的な動きを見せる分野の一つは生殖医療の分野だろう。診療に遺伝子検査を必須とする動きがある。中には混乱さえも起きているが、目...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞