m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児の咳嗽に新しい指針案

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児の咳嗽に新しい指針案 学会がパブリックコメントを募集

日本小児呼吸器学会は12月20日より「小児の咳嗽診療ガイドライン」の草案を公開し、パブリックコメント募集を開始した。指針案では、咳嗽の概念、病態生理や疫学に始まり、問診、身体・検査所見の診かた、年齢による咳嗽の原因疾患の特徴を踏まえた鑑別診断法を解説。「急性咳嗽」「遷延性咳嗽」「慢性咳嗽」に分けて確定診断を進めるためのフローチャートも掲載している。治療については、薬物療法に加え、呼吸理学療法、鼻汁吸引と鼻腔洗浄、加湿といった非薬物療法にも言及。さらに、咳嗽を引き起こす主な疾患別に解説を加えている...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞