m3.com トップ > 臨床ニュース > フリー産婦人科女医は350人

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

フリー産婦人科女医は350人 ほぼ常勤可能な年齢、継続勤務の支援を

2013年12月24日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本産婦人科医会は12月13日、2013年6-8月に実施した「産婦人科勤務医の待遇改善と女性医師の就労環境に関するアンケート」の報告書と、記者懇談会での発表資料をホームページに公開した。常勤先のない、いわゆる「フリー産婦人科医」は593人おり、全勤務医の10.7%を占める。うち女性のフリー産婦人科医は353人で、96.3%は20-50歳代と常勤可能な年齢であることが初めて分かった。木下勝之会長は「若手女性医師が自らの妊娠で分娩業務から離脱しないように環境改善を図り、特定の常勤先を持たなくなった女...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞