m3.com トップ > 臨床ニュース > てんかん、妊婦葉酸欠乏に注意 【米国てんかん学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

てんかん、妊婦葉酸欠乏に注意 【米国てんかん学会】 手術や子のAED暴露を含め3研究を紹介

米国てんかん学会(AES)は12月9日、てんかんが母と子双方に及ぼす影響について検討した3つの研究を紹介した。第67回AES年次総会で発表。ボストンの研究チームは、てんかん女性の葉酸サプリメントの使用頻度とその使用を予測する要因について調査した。抗てんかん薬(AED)によって起こり得ることの多い初期妊娠時の葉酸欠乏症は、先天異常を招き、流産リスクが増加することが知られているが、これはバルプロ酸使用による神経管奇形が最も多い。ウェブによるてんかん女性626人の調査では、意図せぬ妊娠のリスクが高いに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞