m3.com トップ > 臨床ニュース > 「遺伝子検査+分子標的薬」、肺癌でルーチンに

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「遺伝子検査+分子標的薬」、肺癌でルーチンに 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第二部「進化する癌医療」◆Vol.1

2014年1月7日 医療変異  カテゴリ: 呼吸器疾患検査に関わる問題

分子標的薬の開発で、大きな進歩を遂げる癌医療。その代表例が肺癌だ。2013年11月の第54回日本肺癌学会総会では、分子標的薬関連の演題が多数発表され、手術不能例の治療にも明るい材料がそろってきた。約150施設がスクラムを組み、希少肺癌の新薬開発を進める動きもある。橋本佳子(m3.com編集長)46都道府県、151施設がスクラム「ALK融合遺伝子は日本で発見されたにもかかわらず、それを基にした新薬の開発は米国で行われた。日本で発見した重要な遺伝子に対する治療法を開発する責任は我々にある。RET融合...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞