m3.com トップ > 臨床ニュース > 米国女優、「予防的乳房切除」の影響は?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

米国女優、「予防的乳房切除」の影響は? 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第二部「進化する癌医療」◆Vol.2

2014年1月9日 医療変異  カテゴリ: 産婦人科疾患検査に関わる問題

2013年の遺伝子医療の一大ニュースと言えば、米国の女優、アンジェリーナ・ジョリー氏の予防的(リスク軽減)乳房切除術。公表されたのは5月。日本の一般紙でも大きく取り上げられ、遺伝子検査が身近な話題になった。聖路加国際病院とがん研有明病院という二つの先駆的病院を例に、日本の現状を追った。橋本佳子(m3.com編集長)聖路加とがん研有明は?ジョリー氏が検査を受けたのは、遺伝性乳癌・卵巣癌症候群(HBOC)の関連遺伝子、BRCA1/2遺伝子変異の検査。日本人における、70歳までの乳癌発症リスクは約7%...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞