m3.com トップ > 臨床ニュース > 消化器癌の診断や再発リスクにも遺伝子検査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

消化器癌の診断や再発リスクにも遺伝子検査 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第二部「進化する癌医療」◆Vol.3

2014年1月14日 医療変異  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題

癌における遺伝子検査は、分子標的薬との関連で普及してきた。興味深いのは、それだけにとどまらず、エピゲノム異常を指標に、発癌のリスクを予測するなど、癌医療における遺伝子検査の適用範囲が広がっている点だ。国立がん研究センター、東大医科研を例に、最先端の動きを紹介する。橋本佳子(m3.com編集長)エピゲノム異常に着目エピゲノム異常の代表例が、DNAの一部に、「メチル基」が付くことにより、DNAの発現などに影響を与える、DNAメチル化異常。癌の領域では、転移・浸潤、増殖、細胞周期などにおいて、DNAメ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞