m3.com トップ > 臨床ニュース > 着用型除細動器に学会指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

着用型除細動器に学会指針 「LifeVest」に保険償還で、施設基準など示す

2014年1月16日 日本不整脈心電学会  カテゴリ: 循環器疾患その他

日本不整脈学会は1月9日、「着用型除細動器(WCD)の臨床使用に関するステートメント」を発表し、処方施設や医師の条件、使用期間、運転可否などを示した。1月1日付けで旭化成ゾールメディカル社製WCD「LifeVest」の保険償還が認められている。WCD保険償還を受ける施設は、植込み型除細動器(ICD)施設基準を満たす必要がある。処方医はICD/CRT研修修了証の取得者に限る。なお、2014年2月以前のセミナーで資格を取得した医師は、追加でWCDに関する内容を含んだセミナーや教育講演を受講する必要が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞