m3.com トップ > 臨床ニュース > 「遺伝子検査を統べる」千葉大の挑戦

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「遺伝子検査を統べる」千葉大の挑戦 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第三部「遺伝子時代の病院づくり」◆Vol.1

遺伝性疾患に限らず、癌でも予防医学でも、全診療科で遺伝子検査が当たり前になる。患者のみならず血縁者をも巻き込む「遺伝情報」、病院としてはどう取り扱うべきか。第三部では遺伝子時代に対応する組織づくりを考えたい。まず一つの理想形を紹介する。山田留奈(m3.com編集部)「がん予防相談外来」で患者掘り起こし千葉大学医学部附属病院検査部・遺伝子診療部は、2014年の早春から新たなチャレンジに踏み出す。「がん予防相談外来」を食道胃腸外科の外来に新設し、遺伝性大腸癌などが疑われる患者に積極的に介入していく予...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞