m3.com トップ > 臨床ニュース > 自己免疫性膵炎の新指針を発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

自己免疫性膵炎の新指針を発表 38のCQからなる指針をウェブで一般公開

2014年1月23日 日本膵臓学会  カテゴリ: 消化器疾患アレルギー疾患その他

日本膵臓学会は1月20日、「自己免疫性膵炎診療ガイドライン2013」をウェブ上で一般公開した。「自己免疫性膵炎」は日本が提唱した疾患概念で、2009年に最初の指針を発表した。2011年に国際コンセンサス診断基準が提唱されたことを受けて変更した日本の診断基準に合わせ、関連論文の知見も追加し、5年ぶりに指針を改訂した。指針は38のクリニカルクエスチョン(CQ)に対する回答と解説を中心とした4部構成となっている。自己免疫性膵炎の定義、画像所見、ステロイドの診断的治療の是非などのCQをまとめた「I.概念...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞