m3.com トップ > 臨床ニュース > 遺伝子検査の発展に耐える組織

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

遺伝子検査の発展に耐える組織 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第三部「遺伝子時代の病院づくり」◆Vol.2

遺伝子時代の病院づくりに必要なポイントとして、遺伝子検査の一括管理、検査結果の管理、遺伝カウンセリングへの対応という3つが挙げられる。前回(第三部「遺伝子時代の病院づくり」◆Vol.1)は、検査部が主体となり遺伝子検査を統括する組織づくりを進めている千葉大学医学部附属病院検査部・遺伝子診療部の事例を紹介した。同大に加え、松波総合病院のケースを踏まえ、一括管理のメリットと検査結果の管理のコツを探る。山田留奈(m3.com編集部)癌の遺伝子検査を病理が管理遺伝子検査を一括管理するメリットを考える時に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞